スポンサーリンク

ゆたぼんの父親・中村幸也は選挙で当選するのか?NHKの立花孝志ってどんな人?

スポンサーリンク
ゆたぼん 父親 選挙 ニュース
スポンサーリンク

「中学校には行きません」と宣言してから、ひろゆき氏らと論争が続いているゆたぼん

そんな中、ゆたぼんの父親である中村幸也さんが衆議院選挙に出馬することが決まったそうです。

 

今回は、ゆたぼんの父親・中村幸也さんは果たして選挙に当選するのか?

また、ゆたぼん一家の住む沖縄市民や世間はどう思っているのかなどをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ゆたぼんの父親・中村幸也さんが衆議院選挙に立候補した理由

 

ゆたぼんの父親・中村幸也さんが衆議院選挙に立候補した理由は学校教育のあり方を変えていきたいというものだそうです。

 

少年革命家でユーチューバーのゆたぼん(12)の父親である中村幸也氏(41)が次期衆院選で立候補することが17日、本紙の取材で分かった。

ゆたぼんを巡って、論争となった不登校や教育問題が国政選挙の場でクローズアップされることになる。

引用元:https://news.livedoor.com

 

ゆたぼんとひろゆき氏の論争でもたびたびゆたぼんが「学校に行きたくないなら行かなくてもいい」という主張していました。

 

今回の中村幸也さんの出馬で、この「学校に行かない選択」というのを一個人の選択から国全体の法改正に結びつけようというのが出馬の狙いのようです。

 

 中村氏は本紙取材に立候補の意思を固めたとしたうえで「日本では学校に行けるなら行けよという空気があり、行かないという選択が認められないのは違うかと。

行かない子は行かない子なりに学べる環境を整えていくことも大事。学校に行かない選択を持つ子供の親として、メッセージを伝えつつ、多様な学びの機会を得られる国づくりができれば」と話した。

引用元:https://news.livedoor.com

確かに、学校制度はもはや現代の風潮には合わない点もたくさんあります。

 

自粛ムードによる休校などからも、学校へ登校することがすべてではないという意見も少なからず増えてきたのではないでしょうか。

 

その点に関しては同意できる部分もありますが、気になるのは「行きたくないから行かない」という、ちょっとワガママにも思える主張から不登校を選んだゆたぼんの言動ではないでしょうか。

 

ゆたぼんは学校の宿題をやらなかったことで先生から体罰を受けて、学校に行くのが嫌になったとの主張もしています。

 

もしそれが真実なら、不登校を選択する主張もうなずけますが、その後の動画で卒業証書を破るなど目に余る行為が世間の反感を買っていますよね。

 

ゆたぼんがそのような行動を取っていることは本人の意思なのか、はたまた父親である中村幸也さんの指示なのかは明らかではありませんが、少なくともこうした行動を動画に投稿することを中村幸也さんは黙認していますよね。

 

ひとりの親として、卒業証書を破るような行動を認めるのはあまり好ましくないように思います。

 

このような言動を子どもがしていることからも、衆議院の議員になるのはいかがなものかと思ってしまいますよね。

 

ゆたぼんの父親・中村幸也さんが衆議院選挙に立候補するにあたって、後ろ盾となる人物がいます。

 

それがNHK党の立花孝志氏。

出馬の話は先月、中村氏とひろゆき氏との論争が過熱していた時だ。

〝論破王〟といわれるひろゆき氏を相手に一歩も引かずに張り合う中村氏を見たNHK党の立花孝志党首(53)が立候補を打診していた。

引用元:https://news.livedoor.com

立花孝志とはいったいどんな人物なのでしょうか?

 

こちらも調べてみました。

 

スポンサーリンク

ゆたぼんの父・中村幸也さんを支持するNHK党の立花孝志氏はどんな人?

 

NHK党立花孝志

出典: https://www.asahi.com/?iref=pc_gnavi

 

立花孝志氏は、日本の政治家でもありYouTuberでもあります。

実は渡邊エージェンシーに所属してタレント業もやっているんですね。

 

大阪市の高校を卒業後、NHKに入局し、配属された庶務部からの異動を経て経理部として働いていました。

 

しかし、立花孝志氏は2005年にNHKの不正経理を内部告発したことをきっかけに、NHKを退職しています。

 

実は幼少期の家庭環境がかなり悪かったという情報もあり、両親はともに外に愛人を作って家庭にはほとんどいなかったんだとか。

 

3歳上のお姉さんがいますが、暴力的でとても安心できるような家庭環境ではなかったという噂があります。

 

NHKを退職してからは8年間もの間パチンコで生計を立てていたというかなりの異色の経歴を持った人なんですね。

 

ゆたぼんの父親・中村幸也さんも昔はかなりダークな人生を歩んできている人です。

 

そのあたりに何か通じるものがあったのでしょうか。

 

ゆたぼんの父親・中村幸也さんについてはこちらの記事でも詳しく書かれています。

 

 

立花孝志は、『NHKの受信料を支払わない方法を教える党』という党の党首を務めており、NHK受信料の支払いを拒む姿勢を徹底して見せています。

 

過去には、立花孝志はNHKの受信料支払いをめぐり裁判を起こされていたんですね。

 

 参議院議員会館(東京)の事務所に設置したテレビの受信料計4560円を支払っていないとして、NHKが、「NHK受信料を支払わない方法を教える党」の党首で前参院議員・立花孝志氏(53)に支払いを求めた訴訟の判決が17日、東京地裁(大嶋洋志裁判長)であった。

判決は、立花氏がNHKと受信契約を結んでいたことなどから、立花氏側に4560円の支払いを命じた。(新屋絵理)

引用元:https://www.asahi.com/?iref=pc_gnavi

現在は政党名を改名しているようですが、NHKの受信料だけに焦点を当てた党の設立というのもなかなか斬新な発想ですよね。

NHKの受信料を支払いたくないという国民の声は確かに多いですが、ちょっとテーマとしては小さ過ぎるような印象もあります。

立花孝志については、調査次第随時情報を追加していきます。

 

※記事執筆中※

コメント

タイトルとURLをコピーしました