スポンサーリンク

【EXIT】デビュー曲『なぁ人類』のコロンブスやポテトヘッドはどんな意味

スポンサーリンク
音楽
スポンサーリンク

人気芸人【EXIT】のデビュー曲『なぁ人類』の歌詞が賛否両論を呼んでいます。

歌詞に出てくる“コロンブス”は何を意味するのか。

考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

【EXIT】デビュー曲『なぁ人類』の歌詞全文

All right Just get it done
so,I speak for anger of you
uh,yeah
ここで断ち切る Hey,you
Keep going ! do with you OK

途方もない時間を割いて
捻り出してきた(ようやく)
いじめ対策は
あだ名剥奪で解決?
拍子抜けに乾杯(完敗)です
(皮肉で言ってんだよ)
Ah過剰過剰過剰反応
ほらもう目が逝っちゃってるよ
(瞬きしてる間に決まってくんだ 珍常識)
だってズレにズレまくってる動向
正義振りかざすいじめっ子
一番厄介な現実

ゲシュタルト(ゲシュタルト)崩壊だ
向き合い(向き合い)すぎてほら
結局(結局)意味不明さ

なぁ人類?
ギリギリアウト 承知 声出して
不正解とかないし 認めて 多様性
ギリギリセーフ だって声あげて
再起不能 どこまで行くの
Ah 違和感をすっ飛ばして wake up!
(Wake up! Wake up! yeah)
人格もそのうちに Fire!
(Come on,move it)
ギリギリアウトも承知
反発しろ 腐り切るその前に

乖離していく 優等生社会
ポテトヘッドは(What’s rule)
ジェンダーレス時代により
Mr.&Mrs.を返還
謎めいていく昨今のルール

本来(本来)伝えたい
フリーダム(フリーダム)の意味を
結局(結局)履き違えてく

なぁ人類?
ギリギリアウト 承知 声出して
切り刻まれてく 洗脳してくパルス
ギリギリセーフ だって 声あげて
何託すの 次の時代よ
Ah 違和感をすっ飛ばして wake up!
(Wake up! Wake up! yeah)
諦めんのが早いじゃないか
(Come on,move it)
ギリギリアウトも承知
反発しろ 腐り切るその前に

Yeah 極めて自由求めた結果
制御の横行society
現実はslow down
Hypocrite,hypocrite
外ヅラばっかの口先を
黙れ!そしてこのまま消えろ

コロンブスがアメリカ大陸を
見つけた時代の方が
よっぽど自由と希望
溢れてただろ どうしたんだよ
早く目を覚ませ

ゲシュタルト(ゲシュタルト)崩壊だ
向き合い(向き合い)すぎてほら
結局(結局)意味不明さ

なぁ人類?
ギリギリアウト 承知 声出して
不正解とかないし 認めて 多様性
ギリギリセーフ だって声あげて
再起不能 どこまで行くの
Ah 違和感をすっ飛ばして wake up!
(Wake up! Wake up! yeah)
人格もそのうちに Fire!
(Come on,move it)
ギリギリアウトも承知
反発しろ 腐り切るその前に

参考:https://www.uta-net.com

 

 

スポンサーリンク

【EXIT】デビュー曲『なぁ人類』に出てくるコロンブスは白人至上主義?

『なぁ人類』の歌詞で、問題視されているのが以下の記事で指摘されています。

 

歌詞にある「コロンブスがアメリカ大陸を見つけた時代の方がよっぽど自由と希望溢れてただろ どうしたんだよ 早く目を覚ませ」といったフレーズに批判が集中。「コロンブスって今や侵略と略奪の象徴だよ」「植民地主義はたくさんの人を不幸にしたぐらいは社会の共通認識であってほしいよ~」「コロンブスのくだりは無自覚に白人至上主義で論外」といった指摘が殺到している。

さらに「ジェンダーレスとかに理解ある若者みたいな路線で行くのかと思ったが真逆じゃねえか。ファン層に若い女性多いっぽいけどこの歌詞のダサさで目を覚ましてほしい」や「ただの最年少老害じゃん」と若者のオピニオンリーダー的存在に懐疑的な声まで上がっている。

引用元:https://news.livedoor.com

 

ここで問題になっている“コロンブス”を題材にした歌詞について、少し掘り下げてみようと思います。

 

そもそもコロンブスって何した人?

コロンブスは、1451〜1506年イタリアの航海者で、のジェノバ出身と言われています。

コロンブスは、父親の家業を手伝って、織物やワインの売買で地中海などを渡航していました。

しかし、1476年ポルトガルにて、コロンブスの乗っていた船が海賊に襲われて沈没してしまいます。

板一枚にしがみつき、奇跡的に陸に泳ぎ着いたコロンブスは、その後リスボンに辿り着きます。

この出来事や、そのほかにも書物などから得た知識より、大西洋を西へ渡航すればアジアに達すると考えたことから航海の旅に出ます。

1492年にスペイン王室の援助を受けたコロンブスは、サンタ・マリア号などの3隻の船でスペインを出港。

2ヶ月を超える航海の末、辿り着いた島をアジアだと認識し、サンサルバドル島と名付けます。

しかし、本当はこの島がアメリカ大陸だったのです。

諸説ありますが、このことによりコロンブスがアメリカ大陸の第一発見者と言われています。

 

『なぁ人類』のコロンブスは何が問題?

 

「夢追い人」とも称されたコロンブスのように、何事にも挑戦していこうと示唆したかったのだろうと思いますが、実際にコロンブスは英雄と称えられるような人物ではありませんでした。

アメリカ大陸を発見する以前、コロンブスは行き着いた島で金を探しあさり、現地人に過酷な奴隷労働などひどい仕打ちをしていたのです。

 

これが、EXITの『なぁ人類』の中でコロンブスが褒め称えられるように表現をされていたことへ、批判の声が上がっているんですね。

スポンサーリンク

【EXIT】デビュー曲『なぁ人類』に出てくるポテトヘッドはスラング英語?

 

『なぁ人類』に出てくる「ポテトヘッド」はどんな意味でしょうか?

実は、これはスラング英語で「バカなやつ」や「アホ」といった意味で使われます。

スラング英語とは、日本語で直訳すると“俗語”を意味し、日本でいう「やばい」「KY」など、正式な言語として認められていないような言葉のことを言います。

 

EXITの芸風から、スラング英語を使うのはしっくりくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

【EXIT】デビュー曲『なぁ人類』の評判は?

※記事執筆中※

コメント

タイトルとURLをコピーしました