スポンサーリンク

ゆたぽんの父親はクズで頭がおかしい?学歴や中学時代のやんちゃエピソード

スポンサーリンク
ゆたぼん 父親  人物
スポンサーリンク

小学校を卒業したばかりの

YouTuber“ゆたぼん”が、

中学校には行きません!」と

宣言したことについて、

様々な大物が自論をぶつけています。

 

中でも2ちゃんねる創始者

ひろゆき”氏とは

Twitter上でも討論が激化

 

中学校に通わせない

ゆたぼんの父親は

頭がおかしいのか?

 

父親の学歴や中学時代の

やんちゃエピソードなどもふまえて、

どちらの主張が正しいのか

検証していきたいと思います。

 

ゆたぼんの父・中村幸也の【ドラゴン桜】風ツイートへのツッコミまとめ
少年革命家を自称するYouTuber、ゆたぼんのお父さんである中村幸也さんが、ドラマ【ドラゴン桜】のセリフを引用したツイートをしたことで話題になっています。 しかし、そのツイートには多くのツッコミが。 今回は、中...

 

ゆたぼんの父親・中村幸也は選挙で当選するのか?NHKの立花孝志ってどんな人?
「中学校には行きません」と宣言してから、ひろゆき氏らと論争が続いているゆたぼん。 そんな中、ゆたぼんの父親である中村幸也さんが衆議院選挙に出馬することが決まったそうです。 今回は、ゆたぼんの父親・中村幸也さんは果たして選...

 

ひろゆきが賠償金の支払いを命じられた理由は?踏み倒しは犯罪?
ゆたぼんとひろゆきの中学校教育に関するバトルからひろゆきの賠償金踏み倒しまで話が飛躍しています。ひろゆきが賠償金支払い命令を受けた理由はなんなのか?そして支払いを踏み倒したことは犯罪に当たるのか?詳しく調べてみました。

 

ゆたぼんの将来はどうなる?高校や大学は?不登校経験者の実体験から推測
小学校の卒業証書を破り、 「僕は中学校には行きません」と 自身のYouTubeで宣言したことが 世間を賑わせているゆたぼん。 義務教育である中学校に 通わないと宣言した彼は、 将来どうなるのか? ...
スポンサーリンク

ゆたぼんの父親とひろゆき氏のTwitter投稿

 

事の発端は

ゆたぼんが「中学校には行きません!」と

宣言した動画について、

ひろゆき氏が自身のYouTubeで

自論を展開した動画を投稿した事でした。

 

 

 

これに対して、

Twitterでゆたぼんの父親が反論。

 

 

 

 

 

 

 

ここで見えてくるのが

お互いの主張の行き違いですね。

 

ひろゆき氏は

“義務教育だから子供を

中学校に通わせるべき”

主張しているのに対し、

ゆたぼんの父親は

“ホームスクーリングで

教育の義務は果たす”

と反論しています。

 

そもそも義務教育って

学校に通わせなければいけない

という意味なのか?

 

憲法にはこう書かれています。

 

 

憲法第26条第2項  

すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。

義務教育は、これを無償とする。

引用元:https://www.mext.go.jp/index.htm

 

つまり義務教育とは、

“保護者が子供に

教育を受けさせる義務”なので、

“学校に行かなければいけない”という

解釈ではないんですね。

 

また、ひろゆき氏は

中学校の教師は

教員試験をパスした大卒の人間が

指導にあたる事から、

自宅で同等の教育を受けさせることが

できるのかどうかという点に

論点を置いています。

 

その点に関しては、

動画を見れば

どんな人から何を学んでいるかわかるはず

と反論しています。

 

かなり教育に関しても

自身のある発言と受け止めることが

できますね。

 

ここまで強気な

ゆたぼんの父親である、

中村幸也さんについて

調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ゆたぼんの父親は元暴走族でやりたい放題だった

 

ゆたぼんの父親は

中村幸也(なかむら ゆきや)さん。

 

中村幸也

出典:Twitter

 

 

大阪府出身で、

なんと元暴走族だったんですね。

 

中学時代はかなりのやんちゃ坊主”と

語っていますが、

やんちゃの域をかなり

超えていると言えます。

 

中学を卒業してからすぐに就職するものの

3ヶ月で辞めてしまい、

その後は20回以上転職

繰り返したんだとか。

 

それ以降はありとあらゆる

悪いこと”に手を染めた過去が

綴られています。

 

経歴一覧

出典: https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

 

一般的な感覚では

このような経歴のあるお父さんを

敬遠してしまうものではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

ゆたぼんの父親は大検に合格していた

 

ゆたぼんの父親は、

最終学歴は中卒なんですね。

 

しかし中村幸也さんは独学で勉強して

高等学校卒業程度認定試験

(旧:大学入学資格検定)に

合格しています。

 

ここではわかりやすく

旧大検と呼びますね。

 

旧大検は合格率が

40%前後だと言われており、

試験のための通信講座などもあります。

 

10人のうち4人が合格する

計算なので

そこまで難易度は

高くないかもしれませんが、

高校で学ぶ3年間の授業内容を

独学で学ぶというのは

それなりの覚悟と努力が

必要なのではないかと思います。

 

しかし旧大検は

あくまでも高校卒業程度の

学力の証明なので、

中学生へ勉強を教える資格がある人という

証明にはなりません。

 

今後ゆたぼんの父親がメインで

ホームスクーリングを行うのであれば、

中学生の教育が十分行き届くとは

言えないかもしれませんね。

 

しかし、父親の強気発言にもあるように、

ゆたぼんはあらゆる人物から教育を

学んでいるという事です。

 

例えば、

『文系でも楽しめる理系動画』を

中心に動画投稿している

“はなおでんがん”の二人から

指導を受けて驚異的な

能力を発揮している動画が

ありました。

 


しかしその他には学校で習うような

勉強を教わる様子は

YouTubeにあまり

アップされていません

 

中学校に行かなくても

勉強は問題ないという主張には

少し乏しいのかなという

印象を受けました。

 

今後もっと数学や理科などの

専門分野に詳しい人物に

指導を受ける動画がたくさん

投稿されれば、

ひろゆき氏を始め

世間一般からの理解も深まるのでは

ないでしょうか?

 

また、教育とはズレますが、

歯の矯正治療を始めた事を

動画で伝えています。

 

噛み合わせが良くなる事で

食べ物をしっかり噛むことができ、

脳の活性化にもつながります。

 

歯の矯正治療を受けさせる親御さんは

そうした影響も考えた上で行う方が

多いので、

ゆたぼんの父親はゆたぼんの将来を

きちんと考えてあげているだろうと

個人的には思いました。

 

スポンサーリンク

ゆたぼんの父親が頭がおかしいと言われる最大のきっかけはコロナ禍のパーティー?

 

2020年末に投稿された

Tweetがこちら。

 

 

ネットニュースでも

取り上げられていたのが

2020年末のこのTweet。

 

コロナ禍で医療従事者への負担が

増大していた時期に、

70人以上もの大人数で

誕生日パーティーをしていた

という内容です。

 

参加者は写真を見る限り

マスクを着用している人は

ほとんどいません

 

無症状感染など、誰がウイルスを

持っているかわからない時に、

大人数でマスクなし飲食パーティー

開催したというところに

批判的な意見が多く集まっていました。

 

もしかしたら

アドラーの『嫌われる勇気』

主張しているような行動なのかなとも

思いますが、

自分が嫌われるだけではすまない

前代未聞の事態の最中で

この行動はやはり好ましくないものだと

多くの人は感じたのではないでしょうか。

 

たくさんの人を招待するということは、

そこに来てくれた人たちへの

責任が招待主にはあるはずですが、

今回の大人数パーティーからは

飛沫感染や接触感染など

リスク管理が一切されていないことが

明らかですよね。

 

その点を見ると

一人の人間としても父親としても、

的確な配慮のできない人という印象を

与えてしまっても

仕方ないのかなと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ゆたぼんの父親について、

過去の動画やTweetを遡って

調べてみましたが、

現在の段階では

教育が十分に行われているという

動画は見受けられませんでした。

 

ゆたぼんの父親が

頭がおかしいのかどうかについても

今は断言することはできませんね。

 

しかし、あれだけホームスクーリングで

問題ないと断言している父親なので、

今後勉強に関わる動画も投稿されるのではないかと

思います。

 

どのような展開になるのか楽しみですね。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました