豆乳で肌綺麗になった秘密を紹介!調整・無調整のカロリー比較や飲み過ぎたらどうなるかなどに加え下地の効果も検証

美容・健康

健康に良いとよくいわれる豆乳ですが、「肌も綺麗になるのかな?」と気になりますよね。

実は豆乳の原料である大豆に含まれるサポニンやイソフラボンなどの成分が肌を綺麗にする役割をもっているんですね!

また、豆乳は飲むだけでなく、肌の表面からも効果が期待できると考えられていて、化粧品などでも積極的に取り入れられているんです。

今回は豆乳で肌が綺麗になる効果が期待できる秘密について詳しくご紹介していきたいと思います。

また、気になる「調整」「無調整」の違いとカロリー比較や、豆乳は飲み過ぎた場合どんな影響が出るかなどもご紹介していきますね!

 

 

 

スポンサーリンク

豆乳で肌が綺麗になる秘密は?

そもそも豆乳は何でできているのかというと、基本的な材料は「大豆」と「水」のみ。

豆腐をつくる際にとれる汁が豆乳になります。

つまり、豆乳には大豆の成分がたっぷり含まれているということになりますが、その大豆に含まれる成分にはどんな効果があるのでしょうか?

大豆に含まれる成分 ※一部抜粋

サポニン

サポニンは血流をよくする効果が期待されています。

血流が改善することによって、肌や髪の毛へのツヤが戻ったり、冷えの改善にもつながるといわれているんですね。

大きな健康効果が期待できるといわれている「高麗人参」などにもサポニンは含まれており、美肌づくりや健康な生活を送るためには重要な成分となっています。

イソフラボン

大豆といえばイソフラボンという成分の名前を聞いたことのある人も多いと思います。

このイソフラボンというのはポリフェノールの一種で、大豆1粒につき0.2〜0.3%ほどしかとれない大変レアな成分なんですね。

ポリフェノールは植物のほとんどに含有されている「苦味」や「色素」の成分で、一番人間にとって嬉しいのが「抗酸化作用」がとても高いことなんです。

抗酸化作用の高い食べ物などを身体に取り入れることで美容や健康の促進に役立てることができるんです。

数あるポリフェノールの中でも、イソフラボンの特徴は「女性ホルモンに似た作用をもつ」点。

女性ホルモンは歳を重ねるごとに減少してしまうもので、女性ホルモンが減少すると疲れやすかったりめまいなどの不快な症状があらわれたり、肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまうんです。

そのためイソフラボンを積極的に摂取することが肌のためにも良いとされているんですね。

豆乳の原材料である大豆に、サポニンやイソフラボンが含まれていることから、豆乳は肌が綺麗になるといわれているんですね。

 

 

スポンサーリンク

調整と無調整のカロリー比較

豆乳には「調整豆乳」「無調整豆乳」があります。

何が違うのかというと、本来は細かい規定がありますが、ざっくりと違いを説明していきますね。

先の章でも少し触れましたが、豆乳に含まれるイソフラボンはポリフェノールの一種なのですが、このポリフェノールには「苦味」の成分が含まれています。

この苦味が苦手と感じてしまう人も多いんですね。

そこで豆乳を飲みやすくするために砂糖などの甘味料やビタミンなどを加えているものが「調製豆乳」なんです。

反して「無調整豆乳」は、何も手を加えていない豆乳のことを指します。

私自身、苦味や辛味など刺激のあるものが得意ではないので、豆乳を買うときは「調製豆乳」の飲みやすいものを選んで飲んでいます。

そうなると気になってくるのが調製豆乳と無調整豆乳では「カロリー」「効果」に違いが出てくるのか?という点です。

ここで、調製豆乳と無調整豆乳の比較をしてみました。

豆乳100mlあたり

☆調製豆乳 63kcal
☆無調整豆乳 44kcal

調製豆乳のほうが無調整豆乳より20kcalほどカロリーが高いんです。

肌の健康を保つために摂りたい豆乳ですが、一日の摂取カロリーのことも考えると無調整豆乳を選んだほうが安心感がありますね。

ですが、毎日続けるとなると、「苦くて飲みづらいな」と感じるものは継続するのは難しいと思います。

ここで調製豆乳と無調整豆乳はカロリー以外に成分などには違いがあるのか比較してみました。

一番わかりやすいのは、大豆固形成分が何%含まれているのか、という点なんですね。

☆調製豆乳 6%
☆無調整豆乳 8%

大豆の濃さという点では、調製豆乳と無調整豆乳ではほとんど違いがないといえます。

大豆に含まれるイソフラボンを摂取するという目的なのであれば、調製豆乳と無調整豆乳ではそこまで差が出ないといえるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

豆乳を飲むタイミング

毎日豆乳を飲むとなると、朝のむか夜飲むかなど、いつ飲めば一番効果が高いのか気になりますよね。

豆乳を飲むのに一番適しているのは「朝の起床時」「空腹時」が最適といわれています。

まず朝飲むことで胃腸などの消化器官へ働きかけて活性化します。

腸内環境を整えることは美肌にも大きく影響するので、夜よりも朝のほうがより恩恵を受けやすいんですね。

また、「空腹時」の摂取がおすすめの理由は、ダイエットなどの目的がある場合に良いとされています。

豆乳は飲むと満腹感が得られるため、空腹時に飲むことで食事の食べ過ぎを防いでくれることもあるんですね。



スポンサーリンク

飲み過ぎるとどうなる?

まず大前提として、何においても過剰に摂取することは好ましくありません。

健康に良いとされている豆乳ですが、水やお茶の代わりにガブガブ飲むことはおすすめできません。

たとえば麦茶100mlあたりのカロリーはたったの1kcalしかないんです。

豆乳100mlあたりでは無調整でも44kcalなので、麦茶と同じような感覚で飲んでしまうとカロリーオーバーになるのは明らかですよね。

一般的には一日600mlくらいまでならOKとされていますが、ダイエットなど総合的な健康のことを考えると一日200mlあたりまでを基準にして飲むのが安心ですね。

スポンサーリンク

豆乳イソフラボンの下地が爆発的人気

ここまでは豆乳を「飲む」ことでの肌への良い影響を与える方法をご紹介してきましたが、イソフラボンは肌の表面からも良い効果が期待できるんですね。

今とても人気なのが、なめらか本舗の「豆乳イソフラボン」シリーズ。

特に「豆乳イソフラボン」の下地クリームが爆発的に人気となっています。

 

 

 

 

「豆乳イソフラボン」シリーズの下地には、「豆乳発酵液」が使われています。

「豆乳発酵液」というのは、大豆を発酵させるなどの過程を経てつくられるのですが、この豆乳発酵液の中にもイソフラボンが豊富に含まれているんですね。

肌へ与える嬉しい影響としては、色素沈着を抑えることや、新陳代謝を促して肌のターンオーバーをサポートするなどが期待されるんです。

また、豆乳発酵液与えられた表皮細胞は、肌の潤いを保つ力が20%アップするといった研究結果も報告されていて、これからのメイクグッズに大きな期待を寄せられているんですね。

さらに嬉しいのが、ノンケミカル処方でクレンジング不要。

石鹸だけで落とせるという大きなメリットがあるんです。

ノンケミカルで石鹸オフの下地というと、かなり金額が高くなってしまうものですが、豆乳イソフラボンの下地は1本1,000円前後で購入できるのでとてもお手頃なんです。

プチプラなので、気軽に試してみることができるのでおすすめですよ!

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・豆乳で肌が綺麗になる秘密はサポニンやイソフラボン
・カロリーが気になるなら調製豆乳より無調整豆乳が安心
・飲むタイミングは起床後や空腹時がおすすめ
・飲むだけでなく化粧品からも豆乳の恩恵が期待できる

美と健康にぜひ豆乳を取り入れてみてくださいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました